プロフィール

髭山髭人(ひげひと)

自分の書いた記事が、一人でも誰かの役に立てれば...
活動信条の一つとして「貴方のメモは、誰かのヒント」というのがあります。

このサイトについて

本家HP(packetroom.net)から切り離した いわゆる技術メモ用のブログで、無料レンタルサーバーにて運用しています。広告表示はその義務なのでご容赦。
XREA さんには長年お世話になっています

サ終した Qrunch (クランチ) と呼ばれる技術ブログサービスに掲載していた記事も含まれます

Newtonsoft Json.NET を雰囲気で使う

概要

C#で(WebAPI経由の)JSON扱いたいなら、とりあえず Newtonsoft.Json 使っとけ、みたいな所 無いですかね...

自分の場合、他所のWebAPIから拾った不定形気味のJSONをパース(デシリアライズとも言う?)して、あれやこれやする事が多いので主にそっち系です

パッケージ諸々

VisualStudioNuget 経由でパッケージを突っ込みます。

Newtonsoft.Json で参照(検索)かければ一番上に出て来るかも?

パッケージインストールしたら、あとは必要に応じて

using Newtonsoft.Json;
using Newtonsoft.Json.Linq;

等で、よしなに。

種類抜粋

ソースコード付きじゃないと雰囲気分かりにくいかもしれませんが、この前提知識があると多分扱いやすくなると思います。
以下の型と、その型に紐づいているメソッド等を使って、JSON内の狙った値をピンポイントで掘り起こしていく感じになります。

※ 雰囲気重視の自己解釈です。 厳密には間違ってるかもしれないのでご容赦

  • JObject型
    文字列から直接パースした直後の、全体的な JSON を体現

  • JToken型
    なにがしかの key を指定して得た、対となる value に相当
    配列内の要素も JToken型 に相当
    JToken型JArray型JValue型 へ変換できる場合がある (変換できなければ例外を飛ばす)

  • JArray型
    配列部分に相当

  • JValue型
    最終的にこの JValue から、直接的な値を得る
    自分自身より下層にオブジェクトが存在しない(=末端である) value に相当
    上の JToken型 ないし JArray型 から、この JValue型 へ変換してから使う(値を取り出す)事が殆ど?

上記で挙げた4型のイメージ

※ 自己解釈

順を追った、値の取得方法

JSON構成例

この構成をもつ JSON 文字列を例にとり、次項から解説していきます

{
 "meta":
 {
  "status":201,
  "errorCode":"CREATED"
 }
 ,
 "data":
 {
  "id":"foobar"
 }
}

初手は文字列からパース

Json.NET Documentation - JObject Class

JObject.Parse() を用いて JSON文字列を JObject へと変換します。
パース失敗時は、例外 JsonReaderException が飛んできます

string _hoge = "{\"meta\":{ \"status\":201,\"errorCode\":\"CREATED\"},\"data\":{\"id\":\"foobar\"}";
JObject _jObj = JObject.Parse(_hoge);

JTokenとして引っ張り出す

JObject.SelectToken()

Json.NET Documentation - JToken.SelectToken

引数には、読み取りたい場所へのキー名を階層毎にピリオドで繋ぎ、セレクタっぽくしたもの(本ライブラリ的には JPath式 と呼ぶ?)を用います。
界隈的には JSONPath という規格概念なのだとか。( 別の箇所で少し触れます )

指定したセレクタ先が正しく存在すれば JToken 形式が返るので、それを改めてこねくり回します(後述)

// meta キー → status キー と階層を辿った先の value (的なもの)を得る
// 存在しなければ null
JToken _jtoken = _jObj.SelectToken("meta.status");

// 得た JToken は後でゆっくり調理します😋

指定したセレクタ(JPath式)先が存在しない場合、平時であれば null を得るだけですが、
敢えて第二引数を true にする事で 例外が飛んできます。

// 上記JSON構成例に存在しないキーを指定した場合
JToken _jtoken = _jObj.SelectToken("hoge.huga" , true); // 🚫例外発生

JObject.TryGetValue()

Json.NET Documentation - Object.TryGetValue

指定したキー名が存在するか bool で判断しつつ、
キーと対になるvalueが得られれば out パラメータ修飾子にて、第二引数へ配置した JToken にデータを渡す

// 渡し先を用意
JToken _someData;

// その階層に meta キー名が存在すれば、対応するvalue(JToken) が _someData へセットされる
if(_jObj.TryGetValue("meta" , out _someData)){
    Console.WriteLine("metaキーがあったので、_someData にvalue相当のJTokenを渡しました");
}

JObject.GetValue()

Json.NET Documentation - JObject.GetValue

上と似た性質だが、返るのは bool ではなく JToken
得られない場合は例外が飛んでくるので、自分はこっちより JObject.TryGetValue() のほうが好き

※ コード例省略

JValue にしてから値を引っ張り出す

大抵は、JTokenJArray(後述)を、一度 JValue に変換(キャスト)する感じになります。
JValue にある .Value プロパティ(フィールドっていうの?) から、Object? な値を得ます。

JToken.Value プロパティが返すのはあくまで object? なので、
初っ端から int や string , bool といった型の変数で受け取ろうとすると、注意されたりします。 ご注意
まぁ適宜キャストなどで対応を...

JValue にして値を引っ張り出すのはこんな感じ。

..前略..

// セレクタ(JPath式)から引っ張ってきた JTokenを用意しておく
JToken _jtoken = _jObj.SelectToken("meta.status");

// 取り出し方法A
object _val_A = ((JValue)_jtoken).Value;    // Integer の 201 が得られる

// 取り出し方法B
var _jVal_B = (JValue)_jtoken; // JToken を JValue にキャスト
object _val_B = _jVal_B.Value;  // Integer の 201 が得られる

// 取り出し方法C
var _jVal_C = _jtoken.ToObject<JValue>(); // ToObject() で変換
object _val_C = _jVal_C.Value;

↑ この例だとA~Cは上手く行きますが、
留意すべきなのは「JToken は必ずしも JValue に変換できるとは限らない」 という事です。

// JSON構成例、再掲
{
 "meta":
 {
  "status":201,
  "errorCode":"CREATED"
 }
 ,
 "data":
 {
  "id":"foobar"
 }
}

例えば ↑このJSONの "status" キーから掘った value(JToken) は、(キャストなどを経て)数値の 201 として得られますし、
上記例はそれで問題なく取得できました。

しかしこれを "meta" キーから掘ると、得た value(JToken) は、単体で成り立つ値にはならず、
{ "status":201, "errorCode":"CREATED" } のオブジェクトを含んだ物となります。

{ "status":201, "errorCode":"CREATED" } を対象に .Value プロパティでアクセスしようとしても 「どれが Valueじゃい!?」 ってなりますよね。
雑ですが、そういう理屈で value を引っ張り出せません。
というかそもそも、このケースで "meta" キーから得た JTokenJValue へ変換しようとした時点で例外がスローされてコケます。

一応 「得たJTokenが、自身から更に下層へのオブジェクトを持つか?」 というのは Jtoken.HasValues から得られる bool にて判別できます。

「このキー名の値、単品の値っていう場合もあるし、オブジェクトが入る場合もあるんだよな~」という場合や、
JValue変換時の例外に対し保険を掛けたい場合などは、 Jtoken.HasValues で事前に判断するのも良いかも。
比較演算子と Jtoken.Type の併用も判断材料になると思います。

配列の場合は JArray で扱ってから

newtonsoft.com - JArray Class

受け取った value (つまり当該箇所、JToken) が「配列」であるならば、 JToken から JArray へと扱いを変える事で、
List だの IEnumerable 的なヤツ として、各種要素を受け取れます。

/*
string _jsonStr; に以下が格納されている場合
{
 "arr":[1,2,3,4]
}
*/

string _jsonStr = "{\"arr\":[1,2,3,4]}";
JObject _jObj = JObject.Parse(_jsonStr);    // パースして
JToken _jt = _jObj.SelectToken("arr"); // arr キーのvalue相当を、一度 JToken 形式で受け取って

// .Type プロパティで、実際は JTokenType.Array (JArray型)であることを確認して
if (_jt != null && _jt.Type == JTokenType.Array)
{
    // あとはキャスト後、配列的なノリで各種要素を取り出す
    JArray _jArr = (JArray)_jt;
    foreach (JToken _t in _jArr)
    {
        // _t を JValue として扱いつつ、好きに調理
        var _val = ((JValue)_t).Value;  // Integer にて、各種 1~4が得られる
    }
}

但し、先程 JValue の説明で記した注意同様に、配列の中が単体の値ではない場合は注意が必要です。

上のケースだと JArray の中身から得た個々の JTokenJValue へとキャストできましたが、
下のケースなら JArray から得たJToken はまだオブジェクトの状態ゆえ JValue として扱えなくなるので、そこを考慮しないと例外が飛んできます。

/*
配列の要素がオブジェクトの場合
{
 "arr":[{"a":1},{"b":2},{"c":3},{"d":4}]
}
*/

string _jsonStr = "{\"arr\":[{\"a\":1},{\"b\":2},{\"c\":3},{\"d\":4}]}";

...中略...

    JArray _jArr = (JArray)_jt;
    foreach (JToken _t in _jArr)
    {
        // ↓ これだと JValue にキャストできないので例外が発生する
        // ※ 自身の要素が末端の値ではなく、更に下層へ続くオブジェクトの状態なので、JValue にはなれない。
        var _val = ((JValue)_t).Value;
    }

etc Example

「例外とか気にせんよ~!」って感じの、雑で そこそこ短い経路の取得サンプルとか、機能紹介とかです

Example-A

{
 "depth_1":
 {
  "depth_2":
  {
    "depth_3":"fooValue" // ←これほしい
  }
 }
}
string _jsonString = "(上記JSON文字列)";
JObject _jObj = JObject.Parse(_jsonString);
JToken _depth3_JToken = _jObj.SelectToken("depth_1.depth_2.depth_3");

var _depth3_value = ((JValue)_depth3_JToken).Value;
Console.WriteLine(_depth3_value); // "fooValue"

// ※ _depth3_value を明示的に string として扱いたいなら、更に一度変換させたほうが吉

Example-B

{
 "a":
  [
   {"arr":"foo"},
   {"arr":"bar"}  // ← 配列[1]の中のオブジェクトの、 "arr" キーの value が欲しい
  ]
}
string _jsonString = "{\"a\":[ {\"arr\":\"foo\"},{\"arr\":\"bar\"}]}";

JObject _jObj = JObject.Parse(_jsonString);
JToken _a_JToken = _jObj.SelectToken("a");

JArray _a_JArr = (JArray)_a_JToken; // 変換

// index 1 ( つまり { "arr":"bar" } )の要素取り出し
JToken _result_JToken = _a_JArr.Value<JToken>(1);   

// { "arr":"bar" } の中から、 "arr" のキーに対応する value を探す
var _target_JToken = _result_JToken.SelectToken("arr");

// JValue にキャストして、 .Value で "bar" 取り出す
var _result_Value = ((JValue)_target_JToken).Value; 

配列内のIndexを直接指定もできます 😋

string _jsonString = "{\"a\":[ {\"arr\":\"foo\"},{\"arr\":\"bar\"}]}";
JObject _jObj = JObject.Parse(_jsonString);
JToken _a_JToken = _jObj.SelectToken("a[1]"); // ← かゆい所に手が届く👏

var _target_JToken = _a_JToken.SelectToken("arr");
var _result_Value = ((JValue)_target_JToken).Value; 

より一層コアなセレクタ(JPath式)にも対応しています。
実際のところ JSONPath という規格的な物に準拠している?様で、記述に関する情報だけで言えば、本ライブラリに限らず 探ると色々出てきます

Example-C

その階層におけるキー群(と、そこに対となるvalue)を一覧で欲しい場合は
JObject.PropertyValues() が用意されています

このメソッドを下記のJSON(というかJObject)に対して使うと、
"meta" と "data" のキーに対応する、それぞれの値(JToken) を リスト的なもので受け取れます

{
 "meta":
 {
  "status":201,
  "errorCode":"CREATED"
 }
 ,
 "data":
 {
  "id":"foobar"
 }
}

(下層を掘った後の) JToken であっても、JObject にキャストすれば .PropertyValues() が使えます。
例えば、上記JSONで "meta" を掘った後の value (JToken) に対して、

var _ProVals = ((JObject)_meta_JToken).PropertyValues();

のようにすれば、"meta" キー以下に属する一覧( ここでいう所の"status"と"errorCode"に関する情報群 )を得られます

そのほか

あんまり長くなるのもアレなんで 手短に紹介しますが、

.Next / .Previous / .First / .Last とかで、位置基準のデータにアクセスできたり、
.Root / .Parent で、親関係にアクセスできたり、
.Path で、自分の位置を確認出来たりと、結構便利ですね。

JavaScript畑の自分(←強いて言えば)にとっては、Element 関係を連想しました。
MDN - Element

そもそも C# でJSON を扱うにあたって System.Text.Json という選択肢もあるとは思うのですが、まぁ今回はこちらで...